札幌通り魔12歳少年の動機や刑は?補導の経緯!通告って何?

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2017-11-27 1.23.48

 
札幌市東区 の住宅街で、
女性が背後から刺され、
重傷を負った事件。
 
通り魔事件 とみられ、
警察は犯人の行方を追っていましたが、
衝撃の結末。
なんと犯人は 12歳の少年 でした。
 
事件が起きたのは2017年11月25日の18時ごろ。
札幌市東区の栄町団地で、
帰宅途中の20代の女性が何者かに腰の付近を刺され、
包丁が刺さった状態で通行人に助けを求めました。
女性は全治1〜2ヶ月の重傷。
 
現場付近の地図です。
 
スクリーンショット 2017-11-26 18.42.14
 
少年が補導された経緯ですが、、、
 
被害女性の証言から、
警察は 身長156cm位短髪
黒っぽい服装の男 を追っていましたが、
26日に近くの商業施設で容疑者に容姿の似た少年を捜査員が見つけ、
事情を聞いていたそう。
当初は否認していたものの犯行を認めた そうです。
少年の自宅からは凶器の包丁のものとみられるパッケージが見つかったということです。
 
身長156cmということで、
かなり小柄な男だなとは思っていましたが、
まさか少年とは。。。
 

スポンサードリンク





 

札幌通り魔12歳少年確保「通告」って何?

 
今回、
犯人が12歳の少年とのこと、
警察としては補導の上で児童相談所に 「通告」 という処置になるそうです。
 
この「通告」ってなんなのでしょうか?
 
「通告」とは犯罪を犯したものが 14歳未満の児童であった場合、
児童福祉法第25条に基づき、
警察署長市町村、
都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所の長に行う
ものだそうです。
同時に警察署長は福祉事務所若しくは児童相談所に 当該児童を送致 するとのこと。
 
今後の流れとしては、、、
 
決まりごととしては
「児童相談所長は、
都道府県知事に事実を報告 し、
児童又はその保護者に 訓戒 を加え、
又は 誓約書 を提出させるなどの措置を取りますが、
非行事実の内容によっては、
家庭裁判所に送致 することもある」
とのこと。
 
今回のケースは内容が重大ですので、
おそらく少年は家庭裁判所に送致されることになると思われます。
 

スポンサードリンク





 

札幌通り魔12歳少年 犯行の動機は?刑はどうなる?

 
報道によると、
この12歳の少年は動機に関して
「人を傷つけたい気持ちがあった」
と話しているそう。
 
この年齢で、
この「ゆがみ方」っていうのは、、、
なんだかやるせないですよね。。
 
少年にどんな処置が取られるのかが注目されますが、、
 
前述の通り、
児童裁判所から家庭裁判所への送致がなされると思われます。
精神鑑定も行われると思いますが、
責任能力がある場合、
2007年に改正された少年法により少年院に送致できる年齢が 「おおむね12歳以上」 に引き下げられていますので、
おそらくはこの少年は少年院に送致されることになるのではないでしょうか。
 

札幌通り魔12歳少年補導 ネットの反応は?

 
犯人が逃走していることで大きな注目を集めていたこの事件。
犯人が12歳の少年だったことを受け、
ネットではどんな反応があるのでしょう?
 
mag***** |
殺人鬼の予備軍じゃない?
将来繰り返すのでは。
 
mon***** |
12歳。
何かしらの障害があるのでは?
それをどう療育してきたのか?
はたまた放置してきたのか?
被害者女性が助かったことは不幸中の幸いだけれど
身体の傷も心の傷も大きすぎる。
加害者をどう育ててきたのか知りたい。
 
ku-ma |
人を傷つけたいなら、自分の身内を傷つけたらいいのに。
絶対に、将来もっと大きな事件起こすと思う。少年法とかおかしな法律、なんとかしてよ。
 
mug***** |
更生できるとかいう種類のものじゃない気がする。
またやりそう。
 
tan***** |
この少年はかなり怖い。経験したみたいという発想もその発想を行動に移す行動力、若い女性という自分より弱いというか下と思っている人を標的にする狡猾さ、しかも結果は重症という残虐さ。これをきちんと更正させられますか?。これはかなり根深いと思います。
 
mmt***** |
たった12年間の人生で、何の罪もない人を刺すことに抵抗がないなんて、、。
傷つけてみたかったなんて甘い言葉で終われないしょこれは。
12年生きてりゃ人を刺したら死ぬことくらいわかってるだろうし、、、。
 
hei***** |
保護観察にしてもいいけどGPSをつけさせるべきだ。
 
MDEAS |
やったことは殺人未遂
罪は罪、ならば罰は年齢如何に問わず
なされるべきと思う。
更にはこの子を育てた親にも罪の一端があるから
同等の罰を受けてしかるべきかと。
 
 
多くの人がおそらく少年法により微細な刑で社会復帰することに疑問と不安を感じているようです。
家庭環境を疑う声や、
両親の罪を問う声も。
 
筆者個人的にも、
被害者は厚手のコートを着ているにも関わらず包丁が背中に突き刺さる深い傷を負っていることから、
少年には明らかな殺意があったと思います。
動機も動機なので、
安易に更生を期待することはできないんじゃないかと思いますね。。
相当慎重に処置されることを期待したいです。
 
なんともやるせない事件。。
今後の報道に注目しましょう。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 

 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 20171210-00000537-san-000-7-view
  2. スクリーンショット 2018-01-03 0.49.25
  3. スクリーンショット 2018-02-12 9.15.36
  4. スクリーンショット 2017-11-04 17.34.24
  5. スクリーンショット 2017-11-24 15.11.19
  6. TWITTER-1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。