佐々木隆光(札幌わいせつ誘拐)顔画像やSNSは?監禁現場は?

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2017-11-23 19.31.15

 
北海道札幌市で、
10代前半の少女が誘拐、
監禁
される事件が起きました。
 
報道によると、、、
札幌市に住む10代前半の少女を自宅に誘拐したとして逮捕されたのは佐々木隆光(ささき・たかみつ) 容疑者。
 
目的は わいせつ行為
またもや、
って感じですが、、、
 
幸い、
少女は11月16日に行方が分からなくなってから4日後の11月20日に自力で脱出し、
生命に別状はなかったそうですが、、、
一歩間違うと、
という事件ですよね。
 

スポンサードリンク





 

佐々木隆光の顔画像やSNSは?

 
報道によると、、
佐々木容疑者は 34歳会社員
住所は 札幌市南区真駒内本町 だそうです。
 
顔画像は今のところ公表されておらず、
探してみましたが見つかりませんでした。。。
 
Facebookのアカウント検索をしてみると、
かなりの数がヒットしました。
その中には札幌市在住のアカウントもあったのですが、
特定には至らず。。。
 
今後何か情報が出てきたらアップするようにします。
 
【2017年11月24日 追記】
佐々木容疑者の顔画像が公開されました。
 
スクリーンショット 2017-11-24 17.39.19
 
個人的に想像していたより若い印象が、、、
 

佐々木隆光 わいせつ誘拐の手口は?

 
今回の事件、
発端になったのは Twitter
座間市の事件の例を挙げるまでもなく、
ここのところTwitterでのやり取りがきっかけになっている事件ってほんと多いですね。。
 
報道によると、
被害者である10代前半の少女が、
Twitterに 「家出したい。誰か助けて」 と書き込み、
佐々木容疑者が 「泊めてあげるよ」 と返答、
札幌駅 へ少女を誘い出し、
自宅へ連れ込んだそうです。
 
家出少年少女を泊める大人を、
一部ネット上では 「神」 と呼んだりしているようですが、、、
何か問題を抱え込んでいた様子である少女から見ると、
佐々木容疑者は自分を救ってくれるまさに「神」に見えたのでしょうか。
4日間の監禁というのは、
そんな幻想を打ち砕いて余りある、
手痛い代償ですよね。。。
 

スポンサードリンク





 

佐々木隆光 監禁した自宅マンションはどこ?

 
ニュース映像に佐々木容疑者が少女を監禁した自宅マンションが写っていました。
 
スクリーンショット 2017-11-23 21.04.21
 
住所は札幌市南区真駒内。
白い外壁にオレンジの屋根が特徴的。
それと庇の部分の梁にも特徴がありますね。
さらには映像では車の音が結構していたので、
幹線道路沿いに建っていると思われます。
 
ストリートビューで見てみると、
真駒内本町はかなり狭い区域。
住宅地も限られているので、
地道に探してみましたw
 
すると、、、
見つかりました、
おそらくこれですね。
 
スクリーンショット 2017-11-23 21.09.36
 
最上階の屋根がオレンジ色、
特徴的な梁も一致します。
 
スクリーンショット 2017-11-23 21.10.50
 
札幌市南区真駒内本町7丁目2-1、
マンション真駒内公園。
 
スクリーンショット 2017-11-23 21.12.53
 
札幌駅からは車で15分ほど、
閑静な住宅街といった趣です。
 
4日間も監禁していたということで、
マンションといっても戸数の少ない小さなところを想像していたのですが、
ファミリータイプ、
10階建てで158戸というかなり大きなマンションですね。
 
家族で住まれている方も多いかと思います。
住民の方もまさか同じマンションでこんな事件が起こっているなんて思いもしなかったでしょうね。。
 
 
10代前半のころは、
だれしも一度は「家出」ということを考えてしまうもの。
そこにつけこんだ、
許し難い卑劣な犯罪ですね。
無事、
と言って良いのかわかりませんが、
少なくとも命に関わることがなくて本当に良かったです。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(__)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  2. スクリーンショット 2017-11-17 21.23.17
  3. スクリーンショット 2017-11-02 12.10.15
  4. スクリーンショット 2017-11-24 13.43.41
  5. 3-cpimage
  6. 5302b34eec28a.image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。