黒木強志(京都無免許運転)の顔画像と暴走動画画像!現場はどこ?

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2017-11-14 21.04.20

 
2017年9月、
京都府八幡市の国道で 無免許でオートバイを運転 したなどの疑いで京都府の男が逮捕され話題になっています。
 
これだけ聞くと、
なんで無免許運転という言って見ればありふれた犯罪が話題になるのかと思いますが、、、
 
逮捕のきっかけが特殊。
逮捕された男は 無免許運転の様子をツイッターに動画でアップ していたのですね。
しかも 走行中のオートバイのシートの上に立つ という無謀・暴走運転。
 
その動画のキャプチャ画像がこれです。
 
スクリーンショット 2017-11-14 19.57.00
 
。。。危なっ!
事故ったら多分死にますね。。。
 
ちなみに、、、
筆者は一瞬「下半身裸?」と思ったのですが(思いませんでしたか?)、
ぴっちりしたジーンズか何かを穿いているようですw
 
逮捕されたのは 黒木強志(くろき・あつし) 容疑者。
いったいどんな人物なのでしょう?
 

スポンサードリンク





 

黒木強志の顔画像や人物像は?

 
報道によると、、、
黒木容疑者は 京都府宇治市在住20歳
職業は 無職 だそうです。
 
暴走動画に顔も出ていました。
その画像がこちら。
 
スクリーンショット 2017-11-14 20.00.45
 
。。めちゃめちゃ楽しそうにしていますね。。。
 
黒木容疑者は名前が「強志」と書いて「あつし」と読む、
ちょっと珍しい名前であることもあり、
TwitterとInstagramのアカウントもすぐに特定できました。
そこにはより鮮明な顔画像もアップされています。
興味がある方は「黒木強志」でアカウント検索してみてください。
 
暴走動画の画像からもわかるように、
黒木容疑者のバイクは 暴走族仕様 の改造車。
Instagramにはそういった改造オートバイ、
車の写真であふれています。
 
そのなかには彼女もしくは奥さんと思われる女性と、
息子と思われる小さい子供の写真もありました。
結婚して子供もいるのかも しれませんね。
 
。。。いい加減落ち着いたらどうだろう?
と思ったのは筆者だけではないですよね。
 

スポンサードリンク





 

黒木強志逮捕 事件の詳細は?

 
ちょっと不思議に思ったのですが、
この動画を見ただけでは黒木容疑者が無免許かどうかというのはわからないですよね?
危険運転ではありますが、
それだけで警察が動くかどうかというのもちょっと疑問。
 
実は、
「知り合いが無免許でオートバイに乗っている」という 通報 が警察にあったらしいのです。
 
黒木容疑者は約1年前に交通違反で免許が取り消されていたらしく、
通報を受けた警察は動画を確認し、
黒木容疑者が自宅近くでバイクを運転しているところを捜査員が確認、
逮捕に至ったということです。
 
警察も 大変な手間 をかけましたね。。。
こんな税金の無駄遣いをさせていることが分かり、
改めて腹立たしく思いましたね〜!
 

黒木強志 暴走の現場はどこ?

 
さて、
黒木容疑者がTwitterに投稿していたという動画、
暴走の現場はどこなのでしょうか?
 
上にアップしている顔画像の背景を見ると、
「MARCA スロット専門店」という看板が見えます。
 
「京都府八幡市の国道」とのこと、
条件に当てはまる場所を探してみたところ、、、
 
ありました、
これですね。
 
スクリーンショット 2017-11-14 20.55.34
 
現場は 国道1号線 の京都府八幡市八幡一ノ坪115-1付近。
一号線って。。。
超幹線道路じゃないですか。。。
 
 
今回、
大きな事故等なかったのが不幸中の幸い。
暴走をしている本人が単独で事故を起こすのならばまだしも、
他人を巻き込んだりすると目も当てられないですからね。。。
 
しかし、、、
犯罪行為をSNSにアップして逮捕される、
という事例が続出しているにも関わらず、
なぜこういう事例が後をたたないのでしょう?
自分だけは大丈夫、
逮捕なんて別世界の出来事だと思うのでしょうか?
 
全く理解できません。。。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 41BUdzKLR9L
  2. スクリーンショット 2017-11-28 13.38.58
  3. 20170930-00000016-khks-000-1-view
  4. スクリーンショット 2017-11-17 21.23.17
  5. 山田
  6. katsuurashoubou

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。