米銃乱射犯人の名前と顔画像!音楽フェスの概要は?動機はテロ?

この記事は3分で読めます

犯人モザイク

 
10月1日夜(米時間)アメリカ・ ラスベガス で起こった 銃乱射事件
日本時間の10月3日朝の時点で、
死者59人、
怪我人500人超
という史上最悪の事態になっています。
 
事件が起こったのはネバダ州ラスベガスの有名リゾートホテル 「マンダレイ・ベイ・リゾート・アンド・カジノ」
 
スクリーンショット 2017-10-03 8.48.24
 
スクリーンショット 2017-10-03 9.27.45
 
野外で行われていた 音楽フェス の会場に向けて、
容疑者はこのホテルの 32階の部屋からマシンガンで銃撃 したようです。
 
スクリーンショット 2017-10-03 8.46.04
 
スクリーンショット 2017-10-03 8.44.32
 
容疑者は地元に住むスティーブン・パドック64歳。
 
スクリーンショット 2017-10-03 8.45.13
 
スクリーンショット 2017-10-03 8.46.59
 
警官隊が部屋に突入した時すでに 自殺 していたとのこと。
犯行は 単独 で行われたと見られるそうです。
 
なんとも痛ましい事件。
犠牲者の方のご冥福を心からお祈りいたします。
 

スポンサードリンク





 

スティーブンパドックが襲った音楽フェスって?

 
事件は3日間行われていた音楽フェスの最終日におきました。
 
「Route 91 Harvest Music Festival」
 
アメリカの伝統的な音楽、
カントリーミュージックのフェス です。
 

The crowd is ready for our boy Sam Hunt to take the stage! #Day2 #RT91Harvest #ThreeDayNeonSleepover

Route 91 Harvest Festivalさん(@route91harvest)がシェアした投稿 –


 
事件が起こったのはこの日のヘッドライナー、
ジェイソン・アルディーン がライブを行っていた時。
 
スクリーンショット 2017-10-03 9.24.26
 
最終日ヘッドライナーということで一番盛り上がっているタイミング。
当時会場には 2万2000人 の観客がいたということです。
 
テレビで何度も映像が放送されていますが、
鳴り続けるマシンガンの掃射音と逃げ惑う満員の観客。。
人々の恐怖たるや想像を絶するものだったでしょう。。
トラウマになりそうで、
小さい子供たちには見せたくない映像ですね。。
 
ステージに立っていたジェイソン・アルディーン、
インスタグラムで哀悼の意を表しています。
 


 

スポンサードリンク





 

スティーブンパドック 事件を起こした動機は?イスラム国との関係は?

 
事件後、
過激派組織 イスラム国 はインターネット上に「事件は戦闘員による犯行だ」という 犯行声明 を出しました。
 
しかし、
インタビューに答えた容疑者の弟は「犯罪歴はなく、犯罪組織に属していることもあり得ない」としており、
また、
警察も イスラム国によるテロという見方はしていない 様子、
これは イスラム国が便乗している と見るのが正しいようです。
 
容疑者はここ数週間で複数回、
1日1万ドル(約110万円)以上をギャンブルに使った形跡がある そうで、
このことが今回の犯行の動機につながっているのかどうか、
警察が捜査中だとのこと。
 
ホテルの部屋には犯行に使われたマシンガンのほかに 10以上の武器 があったとのことなので、
犯行は計画的に行われたということですよね。
ギャンブルで全財産を使い切ってやけを起こしたというという単純なことでもなさそう。。。
 
事件の全容解明が待たれるところです。
 
日本も銃がゼロではないですが、
さすがに一般人がマシンガンを掃射できる状況ではないと思います。
銃と共に生きてきたアメリカ、
今後は何か変わっていくのでしょうか。。?
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-10-22 10.36.36
  2. a7e0620e13cbeb13b260554276d0f4f6
  3. スクリーンショット 2017-07-17 10.08.15
  4. 079136a9b9019973c107a11e28af0d4a_s
  5. スクリーンショット 2017-09-29 16.34.05
  6. スクリーンショット 2017-07-21 19.13.42

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。