山田秀夫容疑者の顔画像や年齢は?強制性交未遂容疑で逮捕!動機は?

この記事は2分で読めます

山田

 
2017年8月、
東京・江戸川区で起きた暴行未遂事件。
帰宅途中の40代の女性が無理やり路地裏に引っ張り込まれ、
性的暴行を加えられそうになった事件ですが、
この犯人が逮捕されたそうです。
 
逮捕されたのは無職の山田秀夫(やまだ・ひでお)容疑者。
 
スクリーンショット 2017-10-02 10.45.39
 
ぱっと見、
ショーン・コネリー風の渋いおじさんですが、、、
 
年齢はなんと60歳!
 
事件後、
自宅に戻らず野宿を続けていたそうですが、
犯行現場に身分証明書等が入ったバックを残していたそうで一ヶ月あまりで御用となったようです。
 
いったいどんな事件だったのでしょう?
 

スポンサードリンク





 

山田秀夫容疑者 暴行未遂事件のあらましや動機は?

 
事件が起きたのは2017年8月。
山田容疑者は自転車で被害女性に近づき、
「家に帰るの」などと声をかけ、
被害女性が無視すると強引に路地裏に引っ張り込み性的暴行を加えようとした模様。
 
被害女性が通行人に助けを求めると、
山田容疑者は身分証明書などが自転車をそのまま現場に置いて逃走。
その後は自宅に戻らず、
野宿などをして逃げていたようですが、
今回警察の捜査で発見、
逮捕となったようです。
 
犯行の動機に関して山田容疑者は、
「無理やりでも女性の体を触りたかった」と語っているそう。
 
個人的に感じるのは、、、
60歳という年齢になっても性欲って衰えないものなのかとなんだか空恐ろしくなりました。。
その年齢になると、
強い性欲を持っていたとしてもなかなかそれを発散できる機会もないでしょうしね。
 
「女性の体を触りたかった」という気持ちが、
性欲からではなく孤独や寂しさからくるものであったとしたらそれはそれで切ない。。。
 
60歳還暦、
人間は一度赤ん坊になると言われますが、
本当に赤ん坊のような気持ちになったわけじゃないでしょうが。。。
 

スポンサードリンク





 

山田秀夫容疑者の逮捕で考える 高齢者の性犯罪

 
今回の事件を聞いて、
果たして高齢者の性犯罪の実態ってどんなものなのだろうと思い調べてみました。
 
2015年版の犯罪白書によると、
2014年の強制わいせつの認知件数は約7,400件で強姦は約1,400件。
年齢層を見ると20代〜30代が60%を占め、
これは過去30年あまり一貫しているそうです。
 
注目すべきは性犯罪に占める高齢者の数。
30年前の1986年に比べて、
強制わいせつでは約19.5倍!
強姦でも約7.7倍になっているそうです。
 
想像以上の増加率。
 
高齢化社会が進み、
年をとっても元気なおじいちゃんが増えたのはすばらしいことですが、、、、
 
自分の老後を想像してみると、
還暦を超えて依然として強い性欲を抱えているというのはかなり厄介だし辛いですね〜
普通に考えると、
そんな年代になったときに性欲を解消する手段が日常生活の中に普通にあるとは思えないし。。。
これはちょっと対策を考えておかねばならないかも?
と真剣に思ってしまいました。。。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(__)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-07-17 10.08.15
  2. スクリーンショット 2017-10-11 0.39.02
  3. 079136a9b9019973c107a11e28af0d4a_s
  4. スクリーンショット 2017-10-20 14.21.56
  5. hashizume201511
  6. 11743

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。