全日空37便のスコーク7700って何?日航機と酷似でネットの反応は?

この記事は4分で読めます

900x1200xa2d10b47ae2d1529d124c16

 
2017年8月12日。
あの日航機(JAL)123便の 御巣鷹山墜落 から32年が経った今日、
全日空(ANA)37便に 緊急事態 が発生、
“スコーク7700” が発信され、
出発地である羽田空港に引き返すというトラブルがありました。
 
幸いにも乗員乗客は全員無事。
大きな事故にはなりませんでした。
本当に良かったですね。。
 


 
御巣鷹山の事故の33回忌の日 にこういう出来事が起こること自体凄い偶然ですが、、、
実は「同じ日」というだけではなかったのですね。。
 

スポンサードリンク





 

全日空37便 墜落した日航機と状況が酷似!

 
なんと、、、
 
今回の全日空37便、
18:00羽田空港発伊丹空港行き だったのですが、
1985年8月12日に墜落した 日航機123便も18:00羽田空港発伊丹空港行き
 
全日空37便に 異常事態が発生 したのは 18:24
場所は 伊豆大島上空
日航機123便に異常事態が発生したのも 18:24
同じ 伊豆大島上空
 
さらに。。。
 
日航機123便が 墜落したのは 18:56
全日空37便が羽田空港に 緊急着陸 したのも全く同じ 18:56 だそう。
 
全部同じ なのです。
背筋が凍りました。。。
 
乗客の方のツイートによると、
キャビンアテンダントの 機内放送の声が震えていた そう。
キャビンアテンダントですらそうなのですから、
乗客の皆さんの恐怖たるや、、、ですね。
 

スポンサードリンク




全日空37便 ”スコーク7700″とは?

 
さて、
今回発信された “スコーク7700”
耳慣れない言葉ですが、
一体何なのでしょうか?
 
航空機は0から7までの4桁の数字で航空機の位置特定を行い、
航空交通管制に使用する 「ATCトランスポンダ」 という機器を搭載しています。
 
「スコーク」は「SQUAWK」と表記し、
この ATCトランスポンダに設定する値 のことをいうそうです。
 
例えば高度10,000フィート未満を飛行するときには「スコーク1200」を発信し、
10,000フィート以上のときには「スコーク1400」を発信するそう。
「スコーク7700」 というのは、
異常事態発生 のときに発信する値だそうです。
 
ちなみにハイジャックのときには「スコーク7500」を発信し、
何も発信しなければ未確認飛行物体として攻撃対象となるらしいです。
 

全日空37便トラブル ネットの反応は?

 
偶然というにはあまりにも32年前の事故と状況が酷似している今回のトラブル。
Twitterの反応をまとめてみました。
 


 
そもそも同じ日の同じ時刻、
同じ行き先の便ということで、
離陸前から乗客の方は何かしら32年前の事故のことを考えておられたと思います。
トラブルが発生したときの恐怖というのは、、、
筆者だったら耐えられないレベルかもしれません。。。
 


 


 
いやまさかそれは..ね。
 


 


 
なんと、、
知りませんでしたが 他にもこの日に航空機事故があった のですね。。
ますますゾッとします。。。
 


 
なんと 天瀬ひみか さんという 預言者 までいたとか。。。
 
どうしてもオカルト的な発想にはなってしまいますが、、、
やはりこれは32年前の犠牲者の方々がなんらかのメッセージを発しているのだと考える方が腑に落ちますね。。。
事故の記憶も年々風化していく中、
航空機の安全に対しての警鐘でしょうか?
 
けが人もなく、
大きな事故にならなくて本当に良かったですね。。
御巣鷹山に眠っておられる犠牲者の方々のご冥福を改めてこころよりお祈りします。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. money
  2. 11743
  3. スクリーンショット 2017-08-17 16.13.27
  4. スクリーンショット 2017-05-30 16.30.52
  5. image188
  6. o0240032010258986972

コメント

    • sa
    • 2017年 8月15日

    油圧トラブルは起きていませんよ。
    ランディングギア格納庫よダクト損書による客室内気圧の低下だけです。
    油圧に損傷があったら無事着陸することはほぼ不可能です。

      • jakewonder
      • 2017年 8月15日

      お知らせありがとうございます。
      該当部分は筆者が書いたものではなく、
      他の方のTweetを引用させていただいたものですが、
      削除させていただきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。