永楽造(女子高生わいせつ)顔画像やFacebookは?勤め先の会社は?

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2018-05-08 14.58.00

 
自宅マンションに 女子高校生 を連れ込み、
胸を触るなどの わいせつな行為をしたとして、
23歳の会社員 の男が逮捕されました。
 
逮捕されたのは 永楽造(えいらく・いたる) 容疑者。
顔画像もすでに公開されています。
 
スクリーンショット 2018-05-08 14.23.26
 
爽やかな青年という印象。
ルックスを見る限りは、
こんな犯罪を起こしそうではないですが、、、
 
報道によると、、、
永楽容疑者は5月3日、
路上で女子高校生に
「スポーツ何やってるの?」
と声をかけ、
腕をつかんで自宅に連れ込んだうえ、
胸を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。
 
永楽容疑者は
「わいせつ目的で連れ込んだが触ってはいない」
と容疑を一部否認。
警視庁は余罪がないかも調べているとのことです。
 
永楽容疑者、
どうやら積極的に活動する市民ランナーのよう。
いろいろとネット上で情報を発信しており、
様々な情報がwebで特定されています。
 

スポンサードリンク





 

永楽造 FacebookやTwitterは?勤め先の会社は?

 
「永楽造」という珍しい名前であるため、
FacebookやTwitterはアカウントが特定されやすいだろうなと思い検索してみたところ、、、
どうやらかなり積極的に情報発信をしているようで、
いろいろな情報が出てきました。
 
FacebookにもTwitterにも容疑者の名前のアカウントが存在し、
公開されている画像とプロフィール画像が一致するので、
本人のものと考えて間違いなさそうです。
 
永楽容疑者は、
どうやら社会人2年目。
高校の頃は駅伝部を立ち上げ、
主将として活躍。
大学でも主将として箱根駅伝に挑戦した長距離ランナーである様子。
 
現在はミドリムシを中心とした微細藻類に関する研究開発・販売等を行う ユーグレナ という会社に勤務する傍ら、
市民ランナーとして活動 しているようです。
 
ルックス通りの、
非常に爽やかな経歴。
TwitterやFacebookでも、
高校・大学時代を含むランナー仲間との充実した交流がアップされていて、
とてもわいせつ事件を起こすような人物には見えません。。。
 
おそらく、
ついつい魔が差したということなのでしょうが、、、
 
株式会社ユーグレナは、
ホームページを見てみると、
資本金50億を超えるかなり大きな会社。
2017年4月入社ということなので、
2年目に差し掛かってさあここから!
というところだっただろうに、、、
 
出来ごごろかもしれませんが、
やってしまったことの代償はあまりにも大きいですよね。。。
 

スポンサードリンク





 

永楽造わいせつ事件 ネットの反応は?

 
今回のこの事件に対して、
ネット上では様々な反応が上がっています
声を拾ってみました。
 
 
(﹡ˆ﹀ˆ﹡) |
別に無理に連れ込まなくてもモテるだろうに
 
? |
なかなかのイケメンなのにね。もったいない。
 
 
ほんとそうですよね。
全然もてそうなのに。。。
 
 
wan***** |
状況がわからないから何とも言えませんが、部屋に入るって?
これだと同意だの無理矢理じゃないだの否認も可能。
相手を裁きたいなら自分に不利な行動は慎むべきでは。
 
♪KOKORO♪ |
女性側もなんで部屋まで行っちゃうの?
拒否や逃げる隙なんていくらでもあるでしょうに。
 
 
山口メンバーの例の事件もそうですが、、、、
こういう意見は炎上してしまうことが多いですが、
確かに一理ある。
 
 
k1d***** |
つーか単なるナンパじゃん。これで全国版ニュースになるなんて気の毒やわー。
 
lov***** |
なんか最近セクハラとかわいせつとか
ニュースで途切れたことないな(笑)
 
 
もしかして山口メンバーの件がなかったらこんなに大きく取り上げられることはなかったのかもしれないですね。
若干かわいそうな気がしないでもないですが。。。
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-10-31 0.08.38
  2. 41BUdzKLR9L
  3. o0240032010258986972
  4. スクリーンショット 2017-12-15 20.24.00
  5. スクリーンショット 2017-11-13 20.19.27
  6. スクリーンショット 2017-12-10 20.29.40

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。