山本啓司(タイヤパンク犯)顔画像や人物像は?犯行現場はどこ?

この記事は2分で読めます

スクリーンショット 2018-01-18 19.02.12

 
昨年末からこの手の事件が相次いでいます。
解決していない事件がほとんどですが、
一つ解決した模様。。。
 
東京・大田区 の駐車場で、
駐車中の 車のタイヤをパンクさせた として 46歳の男 が逮捕されました。
 
逮捕されたのは 山本啓司(やまもと・けいじ) 容疑者。
ニュース映像で流れた顔画像がこちらです。
 
スクリーンショット 2018-01-18 18.46.03
 
こんな大事になるとは思っていなかったのでしょうか?
若干表情がかなりこわばっているように見えます。
 
報道によると、、、
 
山本容疑者は2017年1月18日午前3時半すぎ、
東京都大田区のコインパーキングで駐車中の 乗用車2台のタイヤを果物ナイフで刺してパンクさせた 疑い。
警察官が駐車場に入る山本容疑者を見つけ職務質問したところ、
上着のポケットから果物ナイフが見つかった ため 現行犯逮捕 したということです。
 

スポンサードリンク





 

山本啓司の人物像や犯行の動機は?

 
報道によると、
山本容疑者は 大田区西馬込 に住む アルバイト
さらに詳しい人物像を調べるため、
Facebookでアカウント検索をしてみましたが、
同姓同名のアカウントは存在するものの容疑者本人のものと特定できるアカウントは見つけることができませんでした。
Twitterも同様。。
特に珍しい名前でもないのでちょっと難しいようですね。
 
付近では、
昨年11月以降、
60件を超える自動車や自転車のパンク被害 が相次いでおり、
山本容疑者が関与しているものとみて、
警察が取り調べているそう。
 
動機に関しては、
山本容疑者は
「ストレスでタイヤをパンクさせるとスカッとした」
と話しているということ。。。
 
いつもこの手の犯罪の動機として「ストレス解消」が挙がってきますが、、、
 
変な話、、
こんなことで解消されるようなストレスはストレスのうちに入らないと思います。
もっと強いストレスにさらされている人は、
世の中にたくさんいると思います。
あまりにも精神的に弱すぎますよね。
 
こんなことで車をパンクさせられる被害者の方がよほどストレスだと思います。
 

スポンサードリンク





 

山本啓司がタイヤをパンクさせた犯行現場はどこ?

 
今回山本容疑者が現行犯逮捕されたのは 大田区矢口 のコインパーキング。
現場の様子がニュース映像に映っていました。
 
スクリーンショット 2018-01-18 19.04.15
 
スクリーンショット 2018-01-18 19.04.29
 
どうやら犯行現場は大手コインパーキングの「リパーク」のようです。
大田区矢口の「リパーク」をGooglemapで探してみると、、、
 
ありました。
どうやらここのようです。
 
https://www.google.co.jp/maps/@35.5616567,139.6909716,3a,75y,181.94h,82.35t/data=!3m6!1e1!3m4!1s9hLRDwMi70GwQgxoD_l6wA!2e0!7i13312!8i6656
 
大田区矢口二丁目33-9にある、
リパーク矢口2丁目第二。
 
場所的には大田区の西部、
神奈川県との境に近いところですね。
 
スクリーンショット 2018-01-18 19.18.30
 
この犯行現場と山本容疑者の所在地である大田区西馬込とは同じ大田区内でも若干距離があります。
 
スクリーンショット 2018-01-18 19.22.22
 
車で約15分ほど。
他のパンク被害の場所は明らかにはされていませんが、
山本容疑者はかなり広範囲に渡って犯行を繰り返していたのかもしれませんね。
 
 
全国各地、
いろんなところで起こっているパンク被害。
なんだか現代社会の闇が体現された事件のように感じます。
他の地域の事件も、
一刻も早く解決して欲しいですね。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-07-04 10.23.20
  2. スクリーンショット 2018-05-01 13.25.25
  3. スクリーンショット 2017-12-22 21.04.41
  4. スクリーンショット 2018-01-17 14.17.30
  5. スクリーンショット 2018-01-05 9.17.26
  6. スクリーンショット 2017-12-30 13.06.00

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。