関口忠相(牧野美千子鳳恵弥事務所社長)の顔画像やプロフィールは?

この記事は3分で読めます

stage_68879

 
女優の 鈴木砂羽(すずき・さわ) さんが主演及び初演出を手掛ける劇団クロックガールズの舞台「結婚の条件」 で、
出演女優の 牧野美千子(まきの・みちこ) さんと 鳳恵弥(おおとり・えみ) さんが公演初日直前に 「鈴木氏から人道にもとる数々の行為を受けた」 などの理由で降板したトラブルが話題になっています。
 
牧野美千子
 
444-300x300
 
脚本家・プロデューサーである 江頭美智留(えがしら・みちる)さんは「自分が至らなかった」とした上で、
牧野さん・鳳さん及び所属事務所である 「しぃぼるとぷろだくしょん」 が主張する、
鈴木砂羽さんから土下座させられた」「罵声を浴びせられた」 ことに関しては 真っ向から否定
鈴木さん批判を取り下げなければ牧野さん・鳳さん及びしいぼるとぷろだくしょん側に対して法的措置も辞さないという強い姿勢を打ち出しています。
 
真実はどうなのか、
どちらの言い分が正しいのかは別として、、、
 
個人的に気になるのは、
TV等の報道で牧野さんや鳳さんよりむしろ江頭さんや鈴木さんとの対決姿勢を強固に打ち出しているこの人に関して。
 
スクリーンショット 2017-09-14 11.26.33
 
「しぃぼるとぷろだくしょん」代表の 関口忠相(せきぐち・ただすけ) 氏。
 
連日メディアにも登場していますが、、、
一体どういう人なのでしょう?
 

スポンサードリンク





 

関口忠相のプロフィール

 
まず「しぃぼるとぷろだくしょん」という事務所名を見た時に、
「しぃぼると」=「シーボルト」?
どういうこと?
と思ったのですが、、、
 
代表である関口氏、
実はかの有名なドイツ人医師 フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトの子孫 なのだそうです。
 
250px-シーボルト_川原慶賀筆
 
シーボルトといえば鎖国時代の 長崎・オランダ商館医師 として務め、
西洋医学他西洋の知識を日本人に伝えた 偉人。
関口さんはビジネス以外にも自分の祖先であるシーボルトの研究もされているようです。
 
スクリーンショット 2017-09-14 12.40.00
 

 
関口忠相(せきぐち・ただすけ)
 
1980年 東京生まれ
 
(有)目白相互企画 取締役
若者が未来を変える会 会長
(株)しぃぼるとぷろだくしょん COO
日本シーボルト協会設立準備委員会 事務局 他
 

 
関口氏は芸能畑の人というより、
どちらかというとビジネス全般を渡り歩いてきた人物である様子。
 
最初に起業したのはなんと< strong>17歳 というから驚きです。
ビジネスコンシェルジュ として活動し、
27歳の時に (有)目白相互企画 と業務統合し取締役となったそう。
(有)目白相互企画とは総合広告企画、
ビジネスコンシェルジュを手がける会社で、
しぃぼるとぷろだくしょんもその傘下にあるようです。
 
企業活動以外にも、
学生時代から勉強会 「若者が未来を変える会」 を主宰。
政治家・評論家・作家・格闘家等の多ジャンルから講師を募り、
隔月で開催しているそうです。
 
また、
北朝鮮の拉致被害者救出活動や台湾独立運動にも参加するなど、
幅広く社会活動を行われているようですね。
 
役者の事務所だと芸能界どっぷり、
というイメージですが、
関口氏のプロフィールを見るとあまりその雰囲気は感じられませんね。。
 

スポンサードリンク





 

関口忠相と江頭美智留の争い 今後どうなる?

 
泥沼化しそうな関口氏を中心とする牧野さん・鳳さん側と、
江頭氏及びその事務所が代理に立つ鈴木砂羽さん側との争い。
 
舞台に詳しい著名人の発言を見ると、
 
「出演すると決めたなら(降板は)お客さんに失礼です。こんなんなら初めから断るべき。」
ー梅沢富美男氏
 
「チケットを売っちゃってるんだから、一回乗ったらどんなに嫌な演出家でも、殺してやろうと思うディレクターでもやることはやんなきゃダメ。終わってから文句言って二度とあいつと仕事しないと(なればいい)」
ーカンニング竹山氏
 
「はっきりしたことは分からないけど、2日前の降板とかはプロフェッショナルではどうなんでしょうと思う。(事務所側は)役者さんを大切に思うのならば、後にいろいろ思いは話し合うとして、とりあえず出ましょうという判断でもいい気がする」
ー真矢ミキ氏
 
降板の経緯に関してはその後、
しぃぼるとぷろだくしょん側はフェイスブックで「劇団から申し入れられた」ことを主張していますが、、、
 
軒並みどの意見を見ても、
牧野さん・鳳さん及びしぃぼるとぷろだくしょん側を非難する声が多いようです。
 
個人的に思うのは、、、
 
もし本当に土下座強要、罵倒があったのであれば関口氏及びしぃぼるとぷろだくしょん側の主張や行動は一般社会的には当然だと思います。
しかし、
芸能界の一般的な考えからはかなり乖離がある様子。
関口氏にはもしかしてそこに一石を投じようという意志があったのかもしれませんが、、、
 
このままの流れで行くと、
一番損をしそうなのが牧野さんと鳳さんですよね。
プロダクションはタレントを守るのが一番の仕事だと思いますが、
今回の関口さんの言動は一見タレントを守るためのもののようですが、
実は一番打撃を与えることをしてしまっているように思えてなりません。
芸能界の「悪しき慣習」を変えたいと思っているとすればそれは立派なことですが、
結果そこにタレントを巻き込んでしまっていることは、
はたから見るとなんともかわいそうに思えてしまいますが、、、
 
この騒動、
まだしばらく尾を引きそうですね。
今後の動向に注目したいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 名称未設定1
  2. tumblr_ob4f1l7iLc1vxak58o1_1280
  3. 名称未設定1
  4. o0480036012128552791
  5. takedamaika_instagram
  6. スクリーンショット 2017-03-27 9.05.24

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。