松村邦洋のライザップ激やせ画像!ダイエット方法やネットの反応は?

この記事は4分で読めます

maxresdefault

 
おデブがトレードマークのお笑いタレント・松村邦洋(まつむら・くにひろ) さん。
 
MatsumuraKunihiro
 
この度、
あの ライザップ のCMキャラクターに起用され、
8ヶ月 でなんと30kgの減量 に成功したというニュースが舞い込んできました!
 
3kgじゃないですよ、
30kgですよ。。。!
小学生一人分です。。。
 
過去にいろんな有名人のダイエットを成功させてきたライザップ。
最近では エドはるみ さん、
HYの 仲宗根泉 さん、
女優の 石田えり さんのライザップダイエットが話題になりましたが、
まさか松村さんまで、、、
 
改めて、
すごいですね。。。
 

スポンサードリンク





 

松村邦洋 ライザップ激やせ画像!

 
早速ですが、
どれくらい痩せられたのか画像で見てみましょう。
 
まず、
もともとの松村さん。
 
スクリーンショット 2017-09-13 20.00.36
 
すごいお腹、、、
一人か二人くらい入っていそうな、、、
 
そしてアフター。
30kgの減量後です。
 
スクリーンショット 2017-09-13 20.00.45
 
すごい!
普通のひとだ!
松村さんが サスペンダーではなくベルトをしてるのは初めて見た ような気がしますw
 
他の写真も、、
 
スクリーンショット 2017-09-13 20.04.35
 
ダブルのスーツを着こなす松村さん。
スマート!
 
スクリーンショット 2017-09-13 20.04.48
 
これだけお腹が引っ込んだんですね〜!
 
スクリーンショット 2017-09-13 20.04.08
 
一瞬誰だかわからないほど。。w
 
現在体重 80kg
高校卒業の時以来の体重らしいです。
 

スポンサードリンク





 

松村邦洋 ライザップのダイエット方法とは?

 
2009年の東京マラソンで 急性心筋梗塞 を起こして搬送され、
健康面が不安視されていた松村さん。
 
健康的に30kgも落としたライザップのダイエット法とはどんなものなのでしょうか?
 
それは簡潔に言うと
 
1)徹底した 糖質制限
2) 筋肉を落とさない ためのトレーニング
 
という二つを徹底的にやるそうです。
 
糖質を摂ると太る、
というのは誰もが知っていることですが、
そのメカニズムは、、、
 
糖質を摂ることにより血糖値が上がると多量の インスリン が分泌されます。
このインスリンが曲者なんですね。
インスリンは体脂肪の合成を促進し、
分解を抑制するという、
まさに「太る素」。
これを徹底的に制限するわけです。
 
糖質制限だけでは必要な 筋肉まで落ちてしまう そうで、
これと並行して徹底した 筋力トレーニング を行うそう。
 
松村さんも50kgのバーベルを10回上げることができるようになったそうですよ。
 
ライザップのすごいところは、
これらのことをマンツーマンで徹底して行うところ。
食事の際は写メで報告までするそうです。
 
そして「なぜそれをやるのか」をしっかり理解した上で取り組むので、
挫折する人も少ないそうです。
 
と、
言葉で言うと簡単そうですが、
30kgというダイエットは並大抵ではないはず。
これまでの例に漏れず今回も被験者を成功に導いたライザップ、
おそるべし。。。
 

松村邦洋 30kgダイエットにネットの反応は?

 
ライザップダイエットで別人のようになった松村さん。
ネット上ではどんな反応があるのでしょうか?
 


 


 


 


 
いろんな人と似てるという意見がありつつ、
林屋正蔵 さんやや優勢。
一歩進んでこんな説も。
 


 


 
という声がある中、
 


 
という冷静な分析も。
でもどうしても、
という人には高くない額かもですね。
 


 
いつか本当に起こりそうな、、W
 
個人的には、、、
元の体型があっての芸人・松村邦洋というところがあるように思うので、
今後この体型になったことでどんな芸風になっていくのか?非常に興味があります。
今後の活躍に期待ですね〜!
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 

 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. shunpu3715
  2. 名称未設定1
  3. default_bd23b84b92f02f56c2c57eb5c8dfa415
  4. KJ0740
  5. karen2
  6. 37a7eb867b34771f5b228b7ca21946d9

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。