野村萬斎ってどんな人?大人気天才能楽師の人柄や魅力まとめ!

この記事は3分で読めます

nobou_trailer_main

 
こんにちは!
先日生まれて初めて落語を観に行きまして、話の面白さもさることながら、落語家の 熟練の技 に感動した Jakewonder です。
 
日本の伝統芸能、能・狂言
これまで全く興味がなかったのですが、先日、フィギュアスケートの羽生結弦さんとこの人の対談をTVで見て、一度観に行ってみたいと思うようになりました。
 
16408_original
野村萬斎 さん。
 
祖父は人間国宝である野村万蔵氏、父親は同じく人間国宝の野村万作氏。
能楽狂言方和泉流野村万蔵家の名跡(継承者) である能楽師・俳優です。
 
TVの画面から飛び出してくるような存在感?オーラ?に釘付けになってしまいました。
今回は野村萬斎さんについて、調べてみたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

野村萬斎の経歴!お茶の間へ、世界へ進出する能楽師!

 
野村萬斎さんは1966年に人間国宝である野村万作さんと詩人 阪本若葉子さんの間に、江戸時代から脈々と続く狂言和泉流の名跡という宿命を背負って生まれました。
 
4歳の時、初舞台(すごい!)。
厳しい伝統芸能の世界で育った萬斎さん、少年時代は意外にも「 ロック少年 」だったそうです。
毎日、稽古が終わった後で エレキギター を大音量でかき鳴らすのが唯一のストレス解消だったとか。
 
どんな曲を弾いていたのかはわかりませんでしたが、、
萬斎さんの少年時代・・・例えば中学生くらいの頃であれば「ベストヒットUSA」やLAメタル隆盛の時代。
 
41CTJY75QGL._SL160_
 
こんな曲や
 
51h2144OvYL._SY355_
 
こんな曲や
 
images
 
ひょっとしたらこんな曲を弾いていたかもしれないですね!
ヘッドバンギングする萬斎さん 、想像してみるとちょっと面白い(笑)
 
17歳の時、初の映画、 黒澤明監督「乱」に出演。
これまで窮屈だと思いながらやってきた能や狂言の世界で身についていたこと、それがあるから違う世界に行ってもきちんとしたことが出来るのだということに気づき、狂言をやってきてよかったと心から思ったそうです。
能・狂言の素晴らしさに気付き、表現者としての自身の可能性に気付いた、ここが萬斎さんにとっての転機だったのかも知れませんね。
 
1994年、曾祖父・五世万造の隠居名「萬斎」を襲名。
その後、NHK大河ドラマ「花の乱」やNHK連続テレビ小説「あぐり」など、TVドラマへの出演を通して、一気にお茶の間の知名度が上がった萬斎さん。特に「あぐり」のエイスケ役は人気を集め、急死するストーリーには視聴者からNHKに 助命嘆願書 (「実は生きていたという設定にしてほしい」という内容)が届くほどだったそうです。
 
異彩を放ったのは、2001年の映画「陰陽師」での安倍晴明役。
鬼気迫る演技と見惚れてしまう美しい所作。
野村萬斎さんにしか出来ない、ものすごいハマり役でしたね!
 
2012年の「のぼうの城」ではハイライトとも言える「田楽踊り」が話題となりました。
この「田楽踊り」、萬斎さんの完全創作とのこと。
監督の犬童一心さんも、野村萬斎という表現者のスケールの大きさに感嘆したそうです。
 
また、国内のみならず、海外にも活躍の場を広げています。
 
2003年には「男だけのハムレット」ロンドン公演 を、2004年には「オイディプス王」をギリシャの古代劇場で 演じ、スコットランドの史劇「マクベス」を2013年に ソウルとニューヨーク で、2014年には ルーマニアとパリ で上演しました。
 
お茶の間へ、世界へ。
縦横無尽な活躍を続ける、日本随一の能楽師 と言えるでしょう。
 

野村萬斎の人柄・性格は?

 
さて、そんな野村萬斎さんの人柄や性格はどうなのでしょうか?
 
女性きょうだいの中で育った萬斎さん、競争意識が働いてしまう男性の集団よりも、女性の集団の中にいる方が落ち着くらしいです。しばしば女性の友達と「女子会」を開き、そんな時には「オネエ言葉」になってしまうとか。凛々しさのなかに随所に見られる 物腰の柔らかさ優しい雰囲気 が、世の女性たちを惹きつけてやまないのでしょうね。
 
また、自他共に認めるのは「研究熱心」
「マクベス」を演じる際には、役を考えるため メイドカフェ にも足を運んだとのこと。
いきなり「あなたは王になる」と言われるシチュエーションは、いきなり「ご主人様」といわれるメイドカフェと共通点があるのではないかと思われたそうです。
芸能という観点での能や狂言とAKBとのつながりを論じられたり、マイケルジャクソンやビートルズからも影響を受けたという萬斎さん。好奇心旺盛 で、分野問わずいいと思ったものを吸収しようとする 柔軟な姿勢 を持った方なのですね。
 

野村萬斎まとめ!個人的な期待

 
様々な分野で、表現者としてのスケール感やオーラで見る者を圧倒する野村萬斎さん。
おそらくそれは、小手先の演技力で役を演じるのではなく、幼い頃からの厳しい稽古で作り上げてきた「野村萬斎」という存在そのものを全ての役に反映させているからなのでしょう。
 
個人的に、期待するのは。。。
 
2012年のロンドン五輪で、ポールマッカートニーを始め多くの英アーティストが開会式、閉会式を彩りましたが、2020年の東京五輪では野村萬斎さんにその大役を担ってほしい!
彼であれば、世界をアッと言わせるような何かや、日本という国の美しさ、世界のなかでの独自の価値のようなものが表現できると思うのですが、どうでしょうか?
 
今後も野村萬斎さんの活動に注目して行きたいと思います!
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-03-27 9.05.24
  2. 20170502-00000036-dal-000-3-view
  3. medium
  4. 9VXyxbSG
  5. w700c-ez_22434ce4eae92ce31960e6c6d5c8ed6cf0b70787238c845c
  6. サカナ君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。