小林綾子(元おしん子役)の今は?舞台デビューやドラマ水戸黄門にも!

この記事は3分で読めます

861_05

 
こんにちは!
最近この歳(40代前半)にして登山を始めたJakewonderです。
 
全く知識無しで始めてしまったもので、アウトドアに関して、登山に関して猛勉強中。
「登山」でいろいろ検索していたところ、ちょっと懐かしい名前が出てきました。
 
main_02
 
小林綾子 さん。
TV番組の撮影で、鳥取の大山に登られたことが記事になっていました。
 
国民的、というか世界的ドラマの「 おしん 」役の女優さんというほうがピンと来るでしょうか?
どうしてもそのイメージが強い小林さん、いまどうしてるのでしょうか?
 
気になったので、「おしん」以降の活動などを調べてみました!
 

スポンサードリンク





 

小林綾子と「おしん」!いきなり国民的子役女優に!

 
東京都出身 の小林さん。
 
いきなり意外。「おしん」のイメージから、東北のご出身だと思っていました(笑)。
(そう思っている人は結構いるはず。。。)
 
7歳から子役としてドラマや CMに出演されていましたが、一躍有名になったのはやはり1983年のNHK朝の連続テレビ小説「おしん」。主人公おしんの、耐え忍ぶ少女時代を熱演、このドラマが 最高視聴率62.9% を記録(テレビドラマの最高視聴率記録)し、小林さんの存在は一躍日本中に知れ渡りました。
 
kobayashiayako-oshin
 
演技がうまい、というだけではなく、幼少時代の小林さんの 素朴だけど芯の強そうなイメージ が、めちゃめちゃはまっていましたね〜!
 

小林綾子の「おしん」以降の活動は?現在も女優として活躍中!

 
さて、おしん以降の小林さんはどういう活動をされてきたのでしょうか?
 
おしんフィーバーが終わってからも、実はコンスタントに 女優 としての仕事をやっていらっしゃいます。
 
都内の高校を卒業後、関西の立命館大学に進学(成績もいいのですね!)。
大学時代はアメリカへ語学研修にも行かれていますが、その間もゆっくりとしたペースながらTVドラマなどへ出演、また 舞台へのデビュー も果たされています。
 
TVへの出演としては、「 銭形平次 」や「 水戸黄門 」などの時代劇や サスペンスドラマ が多いようです。
30代になると特にサスペンスドラマへの出演が増え、本格派女優として確固とした地位を築かれたことを窺わせます。
 
2013年には上戸彩さんと稲垣吾郎さんの主演でリメイクされた映画版の「おしん」に、奉公先のおかみさん「八代みの」役でも出演されています。オリジナル版では、小林千登勢さんが演じられていた役ですね。
 
自分の出世作が30年の時を越えて再製作され、そこに再び出演する時の気持ちというのは。。。
本当に、感無量でしょうね。。!
 

小林綾子は海外で超人気!その待遇は国賓級?

 
「おしん」は 海外68ヶ国 で放送され、女の一生に焦点を当てたストーリーはとりわけ アジア圏の国々から熱狂的な支持 を受けました。特に中国では「阿信」というタイトルで未だに再放送が繰り返されているとのこと。
 
「おしん」が放送されていた国では、小林さんが訪れるといまだに「 オシン! 」と声をかけられるとか。
(ちなみに泉ピン子さんは「 オシンマザー 」と呼ばれるそうです・笑)
 
エジプトでは「おしん」放送中に停電が発生、怒った視聴者が電力会社やテレビ局に押しかけて、暴動 に発展した、とか、ジャマイカでは男女問わず子供に 「おしん」と名付けるのが大流行 した、とか、ロナルド・レーガン前米大統領が演説で「日本人にはおしんの精神がある」と 日本人を褒め称えるのに「おしん」という言葉を使った 、とか、ベトナムでは お手伝いさん のことを表す言葉が「 Oshin 」になってしまった、とか。。。
 
海外の国々へ「おしん」が及ぼした影響は枚挙にいとまが有りません。
 
間違いなく「おしん」は 日本のイメージをめちゃめちゃアップ させました。
そして、「おしん」を見た海外の人にとって、日本人=おしん=小林綾子、なわけです。
 
小林さんが大学生の時ベトナムを訪れた際には、共産党の機関誌までが連日報道し、その扱いはまるで 国賓なみ だったとか。。。湾岸戦争終結後、国土が荒廃したイラクに日本政府は「おしん」の放映権を「 復興物資 として」無料提供し、イラク国民は狂喜したという話もあります。
 
言い過ぎではなく、おしん=小林綾子さんの存在自体が、リアルに 世界平和に貢献 するレベルの話ですね。。。!
 

小林綾子まとめ!本格派女優としてのこれから

 
小林さんは2010年に離婚されていますが、その理由は女優業と家庭とを両立できないから(女優業を優先したいから)、とのこと。
 
「おしん」ほどの強い影響力を持つドラマの顔であれば、その後そのイメージが強すぎてキャリア形成に苦労されたであろうことは想像に難くないですが、コンスタントにキャリアを積み上げ、本格派女優として活躍を続けられる姿、感服です。
 
今後のご活躍が楽しみですね!
 
PS
縁があって山形県の最上川に何度か行きました。
日本の川とは思えない、悠々とした流れと切り立った岸壁、「おしん」で見た景色はいまもそのままでした。
まだ行かれたことがない方、観光おススメです!
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. T.O.P-2015_48
  2. サカナ君
  3. アイキャッチ
  4. 名称未設定1
  5. スクリーンショット 2017-07-12 11.40.44
  6. 82969

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。