カナブーン飯田祐馬って誰?読み方や付き合ったきっかけは?何故判明?

この記事は3分で読めます

2970_6465_main

 
千眼美子名義で出版した著書 「全部、言っちゃうね。」清水富美加 さんが告白していた不倫相手が誰か?というのが大騒ぎになっていましたが、
結構早く判明しましたね。
 
KANA-BOON というバンドのベーシスト、
飯田祐馬(めしだ・ゆうま) さん。
 
2973_6468_main
 
読みは「いいだ」ではなく 「めしだ」
本名は「いいだ」らしいいですが、
昔から「めしだ」と呼ばれていて、
それをそのまま芸名にしたらしいです。
 
ちょっとかわいい感じの風貌、
ファンからは 「めしちゃん」 と言われ、
親しまれていた様子。
 
当初お相手はAcid Black Cherryのyasuさんではないか、
と報じられ、
20日にはそれを全面否定するコメントが出されたり、
けっこうな騒動となっていましたが、
一応は落ち着いた感じですね。
 

スポンサードリンク





 

KANA-BOON飯田祐馬のプロフィール

 
KANA-BOONは 大阪府堺市出身 のロックバンドで、
メンバーは谷口鮪(ボーカル&ギター)さん、古賀隼斗(ギター&コーラス)さん、小泉貴裕(ドラム)さん、
そして飯田祐馬(ベース&コーラス)さんの4人。
 
2012年、
レコード会社 キューン のオーディションで優勝、
2013年にメジャーデビュー しました。
 
数々のロックフェスに出演し、
2016年のツアーでは合計5万人を動員した、
かなり人気のあるロックバンドです。
 
飯田祐馬さんは1990年6月27日生まれの現在 26歳
身長165cm、
体重53kgということなので割と小柄ですね。
大阪府出身ですが、
バンドのオリジナルメンバーではなく2011年に加入。
バンドのマスコットキャラ「アサヒレン」を発案したのは飯田さんのようです。
 
Unknown
 
音楽だけじゃないセンスのある人なのですね。
 

KANA-BOON飯田祐馬 清水富美加との交際のきっかけは?

 
さて、
飯田さんと清水さんの 交際のきっかけ ってなんだったのでしょう?
 
それは2014年、
清水さんがVJを務めるSpaceshowerTVの音楽番組 「スペシャエリア」 にKANA-BOONがゲスト出演したこと。
そこでおそらくすごく馬があったのでしょうね。
そのあと急速に交際に発展したようです。
 
気になるのはどちらから接近したかですが、、、
今のところそこまでの情報はなさそうです。
判明したら追記します!
 

スポンサードリンク





 

KANA-BOON飯田祐馬 清水さんとの交際は何故判明?

 
今回、
急転直下で清水富美加さんの不倫相手が発覚しましたが、
飯田祐馬さんの方から名乗り出たそうです。
 
清水さんがキャリアを全て返上し、
出家という行動に至った原因の 責任の一端は自分にもある と感じ、
所属事務所に全てを明かした そうです。
 
所属事務所は ヒップランドミュージック
サカナクションなど大物バンドも多いプロダクションです。
 
これは事務所も寝耳に水、
大騒ぎですね。
清水さんの事務所・レプロとも一悶着あるのでしょうか?
注目されます。
 

KANA-BOON飯田祐馬 今後どうなる?

 
今回の件で飯田祐馬さんやKANA-BOONが今後どうなるかが注目されますが、、、
 
ニュースによると飯田さんは 「どんな処分でも受ける」 と言っているとのこと。
バンドにとっては今すごく大事な時期だけに、
活動休止となると大打撃であることはたしかです。
 
個人的には、、、
今回のケースはゲスの極み乙女のケースとは違い、
週刊誌にスッパ抜かれて発覚したわけではなく、
飯田さんから清水さんに妻帯者であることを告白してすでに関係が終了していること、
また、
自分から名乗り出てきていることを考えると、
TVやWEB等で騒がれること自体が罰と考えてそれ以上の例えば謹慎だったり、
活動休止だったりは必要ないんではないかと思います。
 
こんなかわいい女優さんとお近づきになって、
魔が差したというのはわからんでもないですしw
 
今後しばらくは騒ぎは続きそう。
どういう展開になっていくのか、
注目ですね。
 
最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Hyhd-S0G_400x400
  2. nobou_trailer_main
  3. mig
  4. スクリーンショット 2017-07-12 14.16.22
  5. 27228182_0
  6. kikuchiami

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。