小園凌央のドラマ出演が話題!父親ヒロミと母親松本伊代に反抗し役者に?

この記事は3分で読めます

小園凌央大1

 
こんにちは!
 
郵便受けの鍵の暗証番号を忘れ困っている Jakewonder です!
 
タレントの ヒロミ さんと 松本伊代 さんの息子さんである、
小園凌央(こぞの・りょう) さんが新ドラマ「僕のヤバイ妻」に出演が決まり、
話題になっていますね。
 
小園凌央大1
 
ここのところ、
二世タレント の活躍が目立ちますね!
 
男性では、
 
Unknown
 
笑福亭鶴瓶さんの息子さん 駿河太郎 さんや、
 
1128011_300
9d5d75ab012e6206a675048c951445e8_14963
 
松田優作さんの息子さんの 松田翔太&龍平さん、
 
女性では
 
20120209_tamayama_13
 
渡辺謙さんの娘さんの さんなどなど、
厳しい芸能界で実力が認められ、
トップスターと呼べる活躍をしている方がたくさんいます。
 
小園凌央さんはそういう存在になれるのでしょうか?
今回は小園凌央さんに関して色々と書いてみたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

小園凌央のプロフィール!両親への反抗心から役者に?

 
小園凌央さんは1995年9月9日、
ヒロミさんと松本伊代さんの長男として生まれました。
 
成城大学 に通うかたわら、
2015年から A-Team という事務所に所属、俳優活動を始めました。
 
役者としての活動はいまのところ、
NOTTV ドラマ『サクラ咲く』への出演、
舞台『Letter 2015』への出演、
というところのようなので、
今回のゴールデンタイムのドラマ出演はかなりの大抜擢のようですね。
 
役者になったきっかけは、
「裏方の方が向いている」という両親に対する反抗心 からだったとのこと。
 
弱冠20歳にしての連ドラデビュー。
ご両親の反応は、
 

「息子には、すばらしい機会をいただいたのだから精一杯やりなさいと伝えました」
ーヒロミさん
 
「同じ芸能界で働くことに不安も少なくないですが、周りの先輩たちに厳しく育てていただき、大きく成長してほしいです」
ー松本伊代さん

 
暖かく見守っている感じですね。
 

小園凌央連ドラデビューに世間の反応は?

 
今回の小園凌央さんの連ドラデビューに対して、
一般の人はどういう反応なのでしょう?
ネットの声 を拾ってみました。
 

親の七光りタレントが多すぎでいやだ

 

ヒロミと松本伊代
どっちにもそんなに似てないような

 

下積み時代なんて無いんだよね?
いきなりドラマとか出れちゃうんですね

 

年取ってから味のある脇役俳優になりそう
それまで生き残ることができるかどうかだな

 

普通はデビューするだけでも大変だから不公平なのは確かだけど、売れない二世は惨めだぞ。

 
なかなかに厳しい声が多そうです。
 
二世タレントが世に出るときの宿命なのでしょう、
一様に「親の七光り」という捉え方をされていますね。
 
実際はそんなに「簡単」ということもないのでしょうが、
どうしても普通に段階を踏んで行くより世の中に出やすいのは事実。
でも、
僕は個人的には それも「才能」の一つなんじゃないかと思います。
 
ウサイン・ボルトが足が速いという才能を持って生まれてきたのと同様、
有名になってなんぼの芸能人になるにあたり、
生まれながらにして有名という才能を持って生まれてきた二世タレント。
 
「親の名前」という才能 を活かすも殺すも、
この後の 努力・活躍次第 だと思います。
 
前述のトップスターになった二世タレントたちも、
世に出たときにはいろんな バッシング があったと思いますが、
それをはねのける実力、
実力をつけるための努力
あってこその現在だと思います。
「両親を見返したい」と語っている小園凌央さんですが、
ご両親だけを見返すのではなく、
このスタート時、
厳しい反応を示した世間を見返すことができるよう頑張って欲しいですね!
 
まずは4月スタートのドラマ「僕のヤバイ妻」での小園凌央さんに注目したいと思います!
 
最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 名称未設定2
  2. スクリーンショット 2017-06-17 19.55.08
  3. 0m0e742fd3d154241d2528604a25617766312321396313344e177c34392c2a3e306f33353437366c0b392d373a3c6f6b6332274e227048
  4. maxresdefault
  5. 27228182_0
  6. 2017011303-300x169

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。