ヒロムライ(グラミー賞)年齢や本名等プロフィール!父親もすごい!

この記事は3分で読めます

3IZge3M7FzaW39Ve8WCfbT2Sljt7Ak_r2K4ADRTe1Do

 
世界最高峰のアメリカの音楽の祭典・グラミー賞
今年も世界中の注目が集まる中、授賞式が行われました。
 
2019年第61回のグラミー賞で最も注目を集めたといえるのは、
アメリカの現在を色濃く反映した楽曲 「This is America」最優秀レコード賞楽曲賞 をダブル受賞した ラッパー兼俳優チャイルディッシュ・ガンビーノ 氏。
 
384cbfd0b1fa708c13118cff2dd9db78
 
ラップの曲がレコード賞を獲得するのはグラミー史上初めて ということで大きな話題になっています。
 
さらにはこの楽曲のMVが 最優秀ミュージック・ビデオ賞 も獲得。
賞はMVの監督に贈られるのですが、
この人がなんと 日本人
ヒロ・ムライ さんという映像監督で、
一躍脚光を浴びています。
 
スクリーンショット 2019-02-12 12.53.00
 
今回のグラミーで、
日本人として唯一の受賞者。
いったいどんな人なんでしょう?
 

スポンサードリンク





 

ヒロムライのMV 「This is America」って?

 
今回最優秀ミュージック・ビデオ賞を受賞した「This is America」のMV。
非常に爽やかなイントロ、
光溢れるだたっぴろい倉庫に上半身裸のチャイルディッシュ・ガンビーノ氏が登場。
椅子に座ったギター奏者がいつの間にか目隠し&拘束されていて、
その頭を拳銃でチャイルディッシュ・ガンビーノ氏が撃ち抜くところから一点音楽は不穏に。
その後も黒人聖歌隊を機銃掃射したり、
踊るガンビーノ氏の背後で展開される様々なシーン。
3分30秒ごろまで、
ワンカメのロングショット で撮られたこのMVは、
観る人によってまた観点によって、
観るたびごとにいろんなことを想起させてくれる非常に濃く、
緊張感にあふれた作品になっています。
 
俳優でもあるチャイルディッシュ・ガンビーノ氏のアクティング力、
そしてヒロ・ムライ氏の力量が遺憾なく発揮された傑作といえるでしょう。
 

 
This is America MVはこちら
 

 
実はチャイルディッシュ・ガンビーノ氏、
ヒロ・ムライ氏が監督を務めたアメリカのコメディドラマ 「アトランタ」 で主演を務めており、
このドラマは 2017年ゴールデン・グローブ賞作品賞 を受賞、
ガンビーノ氏は 主演男優賞 も受賞しています。
 
「This is America」のMVはそのドラマの縁でヒロ・ムライさんがディレクティングしたのかもしれないですね。
 

スポンサードリンク





 

ヒロムライのプロフィールや人物像は?

 
 
ヒロ・ムライさんのプロフィールは現在のところ多くの部分が明かされていませんが、、、
 
まず驚きなのは、
お父さん があの有名な< strong>作曲家・音楽プロデューサー村井邦彦 さんであるということ。
 
alfamusic02_1-1269x846
 
優しそうな目元とか、
なんとなく面影ありますね。
 
村井さんは作曲家として 「翼をください」 をはじめとした数多くの楽曲を制作、
またプロデューサーとしても 荒井由美(松任谷由美) さんや YMO などを発掘し世に出した偉大な音楽家。
 
分野は違えど、
やはり才能って遺伝するんですね〜!
 
ヒロ・ムライさん、
何歳なのかが気になりますが、
現在のところどこにも年齢の情報が公開されていません。
しかしながら、
ヒロさんは 9歳の時に東京からアメリカへ家族とともに移住 したそうで、
村井邦彦さんは 1992年にアメリカに活動の拠点を移している ことから、
おそらくヒロさんは 1983年ごろ生まれ、
現在35歳くらいなのではないか
と推測されます。
正確な情報がわかったらまた追記します。
 
ヒロさんの本名も同じく、
現在のところ公表されていません。
「村井ひろ・・・」であることが予想されますが、、、
こちらも情報が出たら追記させていただきます。
 
ヒロさんは 南カリフォルニア大学映画学部 を卒業後、
プロダクション CommondeerFilm を設立、
現在は 「Partizan」 という映像集団に籍を置いているそうです。
 
その人物像はというと、、、
父親の村井邦彦さんによると、
華やかな席が苦手な シャイ な人物で、
グラミー賞においても受賞後パーティー等には出席せずに家に逃げ帰ったそう。
幼い頃から 絵が好き で、
描き始めると2時間でも3時間でも筆を握っていたそうです。
 
食べ物の好みは 納豆やカレーライス など、
日本のものだそう。
インタビューでは日本語より英語の方が話しやすそうだったヒロさんですが、
しっかりと日本人の感覚が宿っている方なのですね。
 
 
今回グラミーという世界最高峰の賞を受賞したヒロ・ムライさん。
日本人のこういう活躍は、
本当に勇気付けられますよね!
 
今後の活動に注目しましょう!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. maxresdefault
  2. sasakiyuki-e1498136712993-1
  3. 48999724
  4. e0159351_12241556
  5. 587852
  6. mainimage

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。